1. ホーム
  2. セラミック矯正(クイック矯正)

セラミック矯正(クイック矯正)

セラミック矯正(クイック矯正)とは

歯を削ってセラミックを被せて短期間に歯並びを綺麗にする治療法です。
特徴としては、ブラケットを付けないためブラケットを付けた歯を見せたくないという方にも非常にお薦めです。また、短期間で治療が完了するため人生の一大イベントである成人式前や結婚式前等に、セラミック矯正をされる方が多いです。
またこの矯正は最短1周間で治療が完了するのと、歯の白さ、サイズを選べるため、歯が黄ばんでしまっている方や、歯が大きなことを悩まれている方はセラミック矯正を選ばれる方が多いです。また最短1週間で治療が完了するので、忙しい社会人の方にも人気の治療方法です。

1日目

歯を削った日はプラスチックの仮歯を被せて終了です

2日目

セラミックの歯を被せて治療終了

最短1週間で歯並びも色も綺麗になります。

セラミック治療と普通の矯正治療の比較

 

セラミック矯正

普通の矯正

スピード 最短1週間で完治 平均2年前後
痛いかどうか 麻酔をするのでまったく
痛くない
調整時に少し痛い
歯を抜くか 抜かない
(抜くこともあるが)
抜く
(抜かないこともある)
歯を削るか 削る 削らない
(削ることもある)
歯の白さ 好きな白さにできる 元の色のまま
歯の表面の荒れ セラミックなので天然歯
より綺麗
矯正器具を除去する際に歯に傷がつくのでツヤがなくなる
歯並びの精密さ すごく綺麗 普通に綺麗
【普通の矯正治療で精密(0.1mm単位)に歯を並べることは不可能です】
奥歯も治るか 治るが別料金 治る
治療が終了してからの
後戻り
ない 必ずある

明らかにセラミック矯正(クイック矯正)が優れているポイント

  • ・早い
  • ・痛くない
  • ・歯を抜かない
  • ・歯並びだけではなく、歯が白くなる
  • ・歯が大きい場合、歯の大きさも小さくすることが出来る

    この下から2つも非常に重要で、通常の矯正の場合、今の自分の歯を動かす訳です。
    そのため今の自分の歯が白い場合には歯並びがキレイになると笑顔も美しくなるのですが、歯が黄ばんでしまっている場合や黒くなってしまっている場合、歯はそのまま動いてしまいます。
    また、歯が大きい場合は歯が大きいまま歯並びが良くなるので、歯が大きいことにコンプレックスを持っている方は、歯が大きいという問題が解決されないままになってしまうのです。
    芸能人の方がセラミック矯正をされる場合は、間違いなく歯を小さくしており、当院に来られた方も私が歯のサイズを提案すると、歯を小さめに作成してほしいとオーダーされることが多いです。 そのため歯が大きい場合や歯が黄ばみ、黒ずみがひどい場合には、セラミック矯正が向きます。

 

 

明らかに普通の矯正が優れているポイント

  • ・顎の骨の位置や形態に問題があるような、重症な出っ歯や受け口の治療に向いている
  • ・奥歯も歯並びが悪い場合に向いている
    (要するに重症の患者様に向いています)

歯を小さく白くした症例

歯を抜くことのダメージ

歯を抜くことのダメージ 歯はもちろん抜かない方が良いです。
それでも治療のためには抜かざるをえないこともあります。
その際、前歯を抜いてもダメージは小さいですが、奥歯を抜いたらダメージが大きいです。
ですからどうしても歯を抜かないといけないのなら前歯を抜くべきで、奥歯は極力抜いてはいけません。

どういう事かと言いますと、歳を取ると強い力のかかる奥歯は割れたりグラグラしたりして抜けていきます。
奥歯は歳を取ると失うのです。
高齢者の奥歯が入れ歯になることが多いのはそのためです。
その際、矯正治療のために奥歯を抜いてしまっていると大きなハンデとなります。
入れ歯になってしまうと食べ物が噛みにくくなり、おいしい食事もおいしく感じなってしまいます。

しかし前歯はハミガキもしやすいですし奥歯ほど強い力がかからないので高齢者になっても残っていることが多いです。
ですから審美治療のために歯を抜いてしまっていたとしても特にダメージがある訳ではないのです。

こういった理由から、どうしても抜くなら前歯を抜くべきで、奥歯は極力抜いてはいけないのです。

ではセラミック矯正(クイック矯正)と普通の矯正はどちらが良い治療法か?

顎の骨の位置や形態にまで問題があるほどの重症なら普通の矯正が適しています。
そこまで重症ではないならセラミック矯正が適しています。
重症の患者様は多くはありませんので、歯並びでお悩みの患者様のほとんどはセラミック矯正の方が適していると言えます。

セラミック矯正の欠点

ではセラミック矯正は良いことばかりなのでしょうか?
残念ながら欠点が二つあります。
この二つの欠点はすべての患者様に当てはまる訳ではありません、なる方とならない方がいます。

歳をとって歯ぐきが下がると見た目が悪くなる

ただし歳を取っても歯ぐきが下がらない方もおられますので、その場合この欠点はないのも同じです。

歯ぐきが下がった写真

歯を削る量が多い場合は歯が弱くなる(歯を抜くよりよほどマシですが)

歯並びが相当悪い場合には治療するときに削る量が多くなります。
多く削ったときは歯の神経を取ってしまいますので、徐々に歯が弱ってしまいます。
しかし当医院では神経を残すセラミック矯正(クイック矯正)にこだわっておりますので、この欠点に関しても心配ありません。(どうしても歯を削る量が多くなる場合は前もってカウンセリング時に説明して患者様に選択していただきます)

ということは

この二つがセラミック矯正の欠点です。
言いかえればこの二つしか欠点はありません。
それどころか、歳を取っても歯ぐきが下がらない方、歯を削る量が少なくて済む方の場合はこの二つの欠点が当てはまらないので、欠点はないと言えます。

セラミック矯正は歯を削るから歯に悪い、普通の矯正の方が歯に優しい」と思ってらっしゃる方はおられませんか?
このページを読んで、そんなことはないのがわかっていただけましたか?
間違った先入観は捨てて、貴方に適した治療方法を選択してくださいね。
ちなみに田中院長の前歯は12本すべてセラミックの歯です。
20年前に治療しましたが、まだ全く問題ありません。

価格について

当院のセラミック矯正の価格は
1本当たり
・オールセラミック15万円~
・セラミック11万円~
・ハイブリットセラミック7万円~
上記価格(税抜き)となっております。

他院では、セラミックを自動生成機で作成する歯科等があります。自動生成機で作成すると、患者様の他の歯と合っていない歯が出来上がってしまったり等不都合が多いです。当院では、院長である田中と歯科技工士が患者様の歯に合わせて1本1本丁寧に作ります。一生付き合う歯だからこそ、セラミック矯正を行う医院は慎重に選んでください。

短期間で歯並びを直されたい方や、矯正を付けるのに抵抗がある方や、他の医院でセラミック矯正を行ったものの満足行かなかった方は是非当院までお気軽にお問い合わせください。

ローンについて

歯科治療に安心の分割払い

デンタルローン・各種ローンを取り扱っておりますので、分割払いも可能です。

当院へのアクセスはこちら

治療の流れはこちら

患者様の声はこちら

ページトップへ